代表あいさつ


地域や社会の課題は、単純明快な答えがなく、複雑化しています。

私たちは、フューチャーセッション(FutureSession)という手法を軸に、NPO、自治体、企業、大学など多様な市民の「対話」を生み出し、地域の課題解決に向けた「協働」を促しています。また、2017年度より、市民に広く対話の考え方を学び、実践する「DialogSchool(ダイアログスクール)」の開講、地域課題に取り組む人材を増やすプロボノ推進事業を新たにスタートしました。

様々な市民が「対話」と「協働」を繰り返し、地域や社会の困り事が自分事化し、自分たちの手で課題に取り組む、そしてそれを応援し合える社会の実現が、地域や社会の課題が解決される未来だと考えています。

私たちの取り組み自体も「対話」と「協働」そのものです。立場を超えて、多くの方と一緒によりよい社会づくりができればと思います。


NPO法人静岡フューチャーセンター・サポートネットESUNE
代表理事 天野浩史

コメント